バンコクスマートページ|バンコクライフを支える生活便利帳サイト
掲載に関するお問合わせは こちらから
JAPANESE TELEPHONE DIRECTORY & LIFESTYLE IN BANGKOK
 
病院・病気
病院・病気 病院・病気

海外生活で心配なのはやはり病気やケガではないでしょうか。病気やケガで病院に行きたい時、どこに行けばいいのか、どうすればいいのか、そんな疑問にお答えします。

タイの医療事情
タイの医療事情    タイの医療事情は、地域及び個々の医療施設によって異なりますが、主要都市の公立基幹病院や代表的な私立病院では、設備も整っていて医療水準が高いといえます。特にバンコクの代表的な私立病院の医療水準はかなり高く、日本の病院と比較しても遜色はありません。それらの病院には、日本の大学で医学部を卒業した医師や日本の病院で研修経験のある医師などが勤務しているだけでなく、日本語通訳スタッフも多数在籍しています。また、日本人専用窓口を設けるなど、日本人でも診療の受けやすい環境が整っています。受診の際は、それらの窓口に事前に連絡しておくことで、待ち時間が短くなることもあるでしょう。
 なお、私立病院では治療費を各病院が独自に定めており、概して日本と比較しても安価とは言えません。支払い時のトラブルを避けるためにも、事前に診療費や海外傷害保険などの保険が適用されるかどうかの確認が必要です。
また、タイには公立病院も多くあります。公立病院は医療水準が高く信頼できます。ただ、医療費が私立病院に比べ安いのでタイ人はもちろん外国人も含め、連日多くの人が訪れ、待ち時間が長くなることもあります。英語を話せる医師は多いですが、看護師、スタッフとの会話はタイ語のみと考えていたほうがよいでしょう。
救急への対応
 緊急の治療が必要となった場合は大手私立病院の救急外来を利用することを勧めます。大手の私立病院は24時間体制で救急対応を行っており、もちろん予約なしで受診ができます。できれば、電話で簡単な症状などを説明しておくとよいでしょう。
 救急車については公的機関での運用も導入されていますが、受診しようと思う私立病院に直接連絡し、依頼するのが一般的です。タイでの救急車利用は、病院によって異なりますが、有料のところもあれば無料のところもあり、距離によって料金を段階的に決めている病院もあります。
 また、バンコク病院のように、交通渋滞対策として、オートバイで先に看護士を現場に急行させ、看護士と救急担当医とが連絡を取り合って現場で初期治療を開始するシステムを取り入れている病院もあります。
  救急への対応
クリニック
クリニック    私立で専門診療科目に特化しているところがほとんどです。日本でいう街の診療所といった感じです。会社形態で経営しているクリニックは病院にも劣らない立派な施設や設備を有しており、美容系やカイロプラクティック、医療スパなど世界的に有名なクリニックもあります。それらはウェブサイトからメニューや料金などを調べることができます。さらに、英語や日本語を話せるスタッフが常駐しているクリニックなどもあります。
 美容整形やカイロ、マッサージやトリートメントが主となる治療は保険適用外となる場合もあるので、保険に関してはその保険会社に確認が必要です。
医薬品の購入
 タイで使用されている医薬品には、タイ資本の製薬会社のタイ製品と、欧米や日本など外資系の製薬会社の製品があります。
 タイの薬局には、医薬品が豊富に揃えられています。日本と同じ成分を含んでいる医薬品が入手できるとは限りませんが、世界的によく使用されている医薬品であれば、タイでも購入することができます。
 タイ国産の医薬品の中には品質のよいものもあるものの、粗悪品が少なからずあります。有名外資系メーカーの製品については、良好な品質管理がされているので、外資系メーカーの製品を購入するほうがいいでしょう。
 タイでも医療用の医薬品は医師に処方してもらうのが原則です。しかし、医師の処方箋が必要な薬でも、その多くは処方箋がなくても薬局で簡単に買えます。ただし、安易に薬局で購入すると、適切な薬の選択ができないだけでなく、成分含有量、品質、有効期限などの確認が難しいといった問題が起きます。
 タイの薬の一錠中に含まれている成分の量は、日本の一錠中の量よりも多いことがしばしばあります。
 なお、常用している医薬品がある場合は日本から持参するほうがいいかもしれません。1ヵ月以内の使用量なら、通関の際に医師の診断書(英文)を提示すれば持ち込みができます。
  医薬品の購入
タイで出産する
 出産を日本でするべきかタイでするべきか迷っている方も多いと思います。最近では、バンコクにある病院の医療水準の高さや無痛分娩ができることなどからバンコクでの出産を希望する女性も増えているそうです。
 また、日本での里帰り出産を希望する方は、妊娠がわかった時点で日本の病院に分娩予約をしておいたほうがいいかもしれません。日本の場合、産科や産科医が不足していることから希望の病院で出産ができないこともあります。

ー病院を選ぶー
 バンコクで出産することを決めたら次は病院選び。選択するポイントとなるのは、衛生面がしっかりしているのはもちろん、日本語が通じるか、体調の変化や赤ちゃんの状態など気になることがあれば医師にすぐ相談できる環境があるかどうかなどが大切です。その点で、やはり日本語通訳や日本人医療コーディネーターが常駐している大手私立病院に行くのがいいでしょう。
 衛生面について、大手の私立病院ならば心配ありません。タイにはJCI(国際医療機関評価委員会)の厳しい基準をクリアした信頼のある病院もあります。

ータイの出産事情ー
 大手の私立病院では麻酔科医も小児科医も常時待機しているところが多いです。母児の状態を判断して、必要とあればすぐに帝王切開ができる環境もあります。この点において、日本の病院より出産しやすい環境があるといえるかもしれません。
 また、タイの富裕層は帝王切開での出産を希望する方が非常に多いといいます。「縁起のいい日に生みたい」「ギリギリまで仕事をしたい」などの理由が挙げられています。出産方法の選択の自由度が高いというのも特徴のひとつといえるでしょう。

ー入院ー
 私立病院の病室はとてもきれいで、ホテルのようにアメニティも充実しています。日本では、パジャマや、タオルまで用意しなければいけない病院がたくさんありますが、タイの私立病院では下着類やスキンケア用品など自分が使用する最低限の持ち物があればすぐに入院できます。
 また、タイでは無痛分娩を選ぶ場合が多く、産後すぐに退院する方がほとんどなので、2泊3日の料金パッケージが主流です。病院によっては、希望する日まで入院することができます。

ー赤ちゃんが生まれたらー
 赤ちゃんの健康診断や予防接種などは主治医に相談すれば、いつ、何を受ければいいのか教えてくれます。また、日本の外務省ウェブサイト(www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/asia/thailand.html)にタイの小児定期予防接種が掲載されているので、参考にしてみてください。
 また、出産や育児に関する日本語でのセミナーや母親同士の交流会なども行っている病院もあります。
赤ちゃんが生まれたら、注意しなければならないのが医療保険です。保険によっては、海外で生まれた赤ちゃんが被保険者にならない場合もあるので、保険会社に確認しておいたほうがいいでしょう。

健康診断
健康診断    タイに来て車の移動が多くなったり、タクシーやバイクタクシーなどを頻繁に利用している方も多いと思います。そのため、日本にいた時より運動不足となり、接待などで食べ過ぎ、飲み過ぎを繰り返すことで体重が増加し、高血圧や高血糖など生活習慣病になる方も多いそうです。今は、体調に異常を感じていなくても、運動不足や食べ過ぎ、飲み過ぎが気になる方は一度、健康診断を受けてみることをお勧めします。
健康診断を行っている主な病院
サミティヴェート病院
 サミティヴェート病院のウェルネスセンターには日本語を話す医師、看護師の資格を持つ日本人コーディネーターが常駐しています。検査結果は日本語で発行。

バムルンラード・インターナショナル病院
 健康診断を受けた当日のうちに担当ドクターが直接、検査結果を説明してくれます。結果報告書は後日、病院での受け取りのほか、Eメールや郵送で受け取ることもできます。また、健康診断で何らかの異常が発見された場合、診察時間内であれば当日のうちに同院の外来専門科に紹介をしてくれます。

バンコク病院
 一般的な健康診断をパッケージにして料金設定をしています。年齢や状態に合わせて診査項目を追加することもできます。 また、医師に相談しながら診査項目を決めることもできます。
注意しなければいけない病気
 気温と湿度が高い熱帯性気候のタイでは、普段から体調管理には気をつけなければいけません。日中はとても暑くなるので、熱中症に注意を。対策としては水分や塩分をこまめに補給することが大切。また、紫外線が強いので日焼け対策も必要です。また、建物内や交通機関内はエアコンが非常に効いているので、温度差から体調を崩しやすくなることもあります。さらに、下痢になる方も多いです。タイ料理の辛さから胃腸がびっくりすることで起こる下痢は特に問題はありませんが、火がしっかり通ったものを食べ、水はスーパーなどで売られている水を飲むようにしましょう。
 なお、日本ではかかることの少ない熱帯性気候特有の病気もあります。特に下記の病気には注意が必要です。

デング熱・デング出血熱
 夜明けから日没までに活動する熱帯シマカ、ヒトスジシマカがウイルスを媒介。主として雨季(5月~10月)に流行がみられています。主な症状として、発熱、筋肉痛関節痛、発疹の3つですが、頭痛、目の奥の痛み、吐き気、嘔吐などの消化器症状、のどの痛みや咳などの風邪症状もみられます。
 通常、症状が表れてから自然に快方へ向かうまでの期間は7~10日間前後です。
 しかし、デング出血熱の場合は、病気の経過中に、広範囲の皮下出血、鼻血、歯肉からの出血、血便などの出血傾向がみられるので、この場合は入院のうえ緊急の治療が必要です。
 タイ保健省が発表している年間の患者数はタイ全体で10万人前後、バンコクだけで8000人前後です。罹患率、死亡率はともにタイの感染症の中で上位10位以内に入っています。 

マラリア
 流行のピークは5~10月の雨季ですが、10月以降でも1月ぐらいまで発症が報告されることもあります。
 ミャンマーやカンボジア国境近くの山岳地帯がマラリア発症危険地域といわれています。発病すると高熱、悪寒、強烈な頭痛、発汗、下痢、腹痛などの症状が表れ、治療が遅れると死に至る病気です。マラリアが疑われる場合はすぐに病院へ行きましょう。また、薬局で予防薬も売られていますが、副作用の心配もあるので、上記流行地域に出かける場合は、医師に予防薬の必要性について相談するほうがいいでしょう。なお、 バンコクなどの都市部で感染する可能性はまずありません。

日本脳炎
 アジア全域に分布するウイルスによる脳の炎症。かつて日本でも毎年1,000~5,000人ほどの患者が報告された時代もありましたが、現在ではかかる人は少なくなっています。豚、牛、馬などからコガタアカイエカを介して、人へ感染します。潜伏期間は7~10日ほどで、突然の高熱、頭痛、嘔吐、意識障害、痙攣、昏睡などの症状が表れます。発症すると死亡率も高い病気です。今のところ日本脳炎に対する抗ウイルス剤は開発されていないので、蚊に刺されないようにするとともに予防接種を受けることも大切でしょう。

細菌性食中毒
 食中毒はタイで最も多い病気のひとつです。代表される原因菌として、サルモネラ、腸炎ビブリオ、プレジオモナスなどです。その他の原因菌としては大腸菌、カンピロバクター、黄色ブドウ球菌などもあります。食中毒にならないために次のようなことに気をつける必要があります。①生もの(特に魚介類)は極力控え、熱をしっかり通してから食べる②調理されたものは時間をおかず、すぐに食べる③キッチンや食器類など、通気性をよくし、乾燥させておく――などです。

細菌性赤痢・アメーバ赤痢
 赤痢菌が体内に入ることによって感染します。主な感染源は、汚染された食品や水など。潜伏期間は1~5日で、水溶性下痢、腹痛、倦怠感、発熱、濃粘血便などの症状が表れます。生水や生水で作られた氷、よく火の通っていない魚介類の摂取を避ければ防げる病気です。

腸チフス
 腸チフス患者の排泄物、チフス菌を持ったネズミの排泄物で汚染された水や食品などから経口感染することが多い。1~3週間ほどの潜伏期間の後、倦怠感、食欲不振、頭痛などの症状が表れ、その後は発熱、発疹、便秘と段階的に進行します。感染したら抗生物質の投与が必要となり、入院が必要です。不衛生な場所での食事は避けることが望ましいです。

HIV感染症・エイズ
 タイには100万人以上のHIV感染者がいると言われており、世界で最も発症率の高い国の1つといわれています。
1998年の調査では、いわゆる性産業従事者の陽性率は21%、麻薬常用者は47%でした。タイのHIVウイルスの90%以上はHIVⅠ型・サブタイプEと言われていますが、これは感染力の強いタイプです。感染ルートについて正しく理解し、慎重かつ節度ある行動が要求されています。

A型肝炎
 A型肝炎ウイルスに汚染された食べ物や水を摂取することによって感染します。症状は、発熱、黄疸、茶褐色の尿、白色の便、倦怠感、無力感、食欲減退など。

B型肝炎
 B型肝炎ウイルスは血液を介して感染します。主な感染ルートは、性行為や注射針の再使用、カミソリの使い回し、輸血など。衛生面が不透明な場所でのピアッシングなどは避けるほうがいいでしょう。症状はA型肝炎と似ていますが、A型よりも症状が重いことが特徴。慢性化すると肝硬変や肝臓がんに進行する可能性もあります。

狂犬病
 タイでは野良犬を多く見かけますが、狂犬病のウイルスを持っている可能性があり、その犬にひっかかれたり噛まれることで感染します。子犬でもウイルスを保持していれば感染します。発病すると神経系統が冒され、やがて死に至る病気。もし噛まれてしまった場合は、すぐに病院へ行きワクチンを打ってもらうことが重要です。犬だけでなく、ネコ、コウモリ、サルなども危険です。むやみに野生の動物に触らない方がいいでしょう。