バンコクスマートページ|バンコクライフを支える生活便利帳サイト
掲載に関するお問合わせは こちらから
JAPANESE TELEPHONE DIRECTORY & LIFESTYLE IN BANGKOK
 
パソコン・インターネット
パソコン・インターネット パソコン・インターネット

情報収集やメール、書類作成など、日常生活のあらゆる場面で必要となってくるパソコンとインターネット。ここではタイのパソコン事情やインターネット回線の申し込み方法などを取り上げます。

タイのパソコン事情
 タイでは日本同様にさまざまなメーカーのパソコンが販売されています。しかし、日本語対応のモデルは少なく、タイ語と英語のものがほとんど。日本メーカーの新品パソコンをタイで購入する場合、日本で購入するのに比べて割高になります。日本語対応のパソコンに関しては日本で購入してくるほうがよいでしょう。
 これまでは、デスクトップパソコンとノートパソコンが主流でしたが、最近ではアップル社のiPadをはじめとするタブレットパソコンが注目を集めています。タブレットパソコンとは、平板状の外形を備えタッチパネル式などの表示・入力部を持ったパソコン。タイでもさまざまなメーカーから販売されています。
パソコンを購入する
 タイで販売されているモデルはOSを搭載していないものが多く、搭載していたとしてもコピーソフトで日本語に対応していない場合がほとんどです。ただし、それを購入したとしても日系PCショップなどで日本語対応OSに交換することができるので使用には問題ありません。
 タイで購入する際の大きなメリットとして、故障してしまった際の保証や修理が受けやすいということです。日本で購入した場合、メーカーによっては国外保証対象外ということがあり、修理にかなりの時間と費用を要してしまうことがあります。また電源アダプターに関しては、タイで販売されているほとんどのノートパソコンが100-240V対応なので日本に帰国してからも変圧器を使用せずに使えます。
パソコンの購入場所
●Power Buyなどの量販店
 日本の量販店と似た雰囲気の店内に日本や外国メーカーの最新パソコンや周辺機器が豊富に揃います。価格は店によってさまざま。

●パンティッププラザ(ペッブリー通り)
 バンコクの秋葉原と呼ばれるほどに多くのショップが入居。新品から中古まで品数は豊富ですが、中には粗悪な組み立てパソコンも販売されているので注意が必要です。パソコンの価格は量販店などと大きく変わりません。

●フォーチュンタウン
 MRTラマ9世駅のすぐそばにある商業施設。地下1階、地上4階のモールの2〜4階部分にパソコン、パソコン周辺機器、携帯電話、修理店などのIT関連ショップが軒を連ねています。

●日系ショップ
 パソコンに関する知識が豊富な日本人スタッフが常駐し、細かな相談や質問をすることが可能。購入後のアフターケアにもしっかりと対応してくれます。

iStudio
 エンポリアムやサイアムパラゴン、セントラルワールドに入っているAppleの直営店「iStudio」。修理も受け付けているので、故障したときは相談してみましょう。
www.istudio.in.th

コンピューター屋
 スクンビット・ソイ49にある日系ショップ。修理・販売・設定を中心に行い、高品質のサービスを提供。日本人スタッフが常駐し、パソコンやインターネットのさまざまな相談に対応してくれます。
☎083-830-0123
www.intersection-asia.com

タイのインターネット事情
 タイのインターネット利用者数は増加傾向が続いており、国家統計局が2011年に実施した一般家庭におけるインターネットの普及率調査で、利用者は過去6年間で2倍に増加し、1,480万人となり普及率は23.7%。全国で4人に1人がインターネットを利用していることになり、今後も利用者は増加していくとみられています。タイにおけるブロードバンドサービスの主流はADSL。近年ではバンコクを中心にWi-Fi環境が整ってきており、自宅以外でも快適にインターネットを利用することができます。
自宅でインターネットを利用
自宅でインターネットを利用    入居したコンドミニアムやアパートがすでにプロバイダーとの契約を済ませていれば入居時に物件オーナーに申し込みをするだけでインターネットを利用できます。物件にもよりますが、入居時にプロバイダー契約をしていなかったとしても、オーナーが申し込み手続きを代行してくれる場合があります。しかし、そうでない場合は自身で申し込み手続きをする必要があります。
 申し込み方法は、まず各キャリアのサービスカウンターに行き、申し込み書類を記入。その際に自宅の電話番号とパスポートが必要です。数日後にモデムが自宅に届くのでパソコンと接続し、利用開始となるのが一般的。申し込みは各プロバイダーのコールセンターでも受け付けています。
タイの主なプロバイダー会社
●TOT
599B〜/月(無制限)
☎1100
www.tot.co.th

●true internet
599B〜/月(無制限)
☎02-900-9000
www.trueinternet.co.th

●buddy
299B〜/月(無制限)
☎02-271-9111
www.buddybb.net

●ANET
☎02-861-1555
www.anet.net.th

※料金は変更になる場合があります。
外出先でインターネットを利用
 最近ではアップルのiPadをはじめとするタブレットパソコンや、小型軽量パソコンのネットブックが普及し、オフィスや自宅以外の出先でも気軽にインターネットを利用する人が増えてきました。
 外出先でインターネットを利用するにはいくつかの方法があります。

●AIR CARDを使用
 携帯電話のSIMカードが入ったAIR CARDを、ノートパソコンのUSB差し込み口やカードスロットに差してインターネットに接続します。高速インターネットを可能にする3G回線が使用できるうえ、手軽に接続できることから利用者が増加。AIR CARDは、AIS、dtac、true move、TOTなどの各通信会社から、さまざまなタイプが発売されています。AIR CARDの本体価格は1,500B程度からで、毎月の使用料金を通信会社に支払います。

●NET SIM CARDを使用
 アップルのiPadやサムスンのGALAXY Tabなどのタブレットパソコンを外出先で利用する場合は、AIS、dtac、true moveなどの通信会社のNet Sim Cardを使ってインターネットを利用するのが一般的。各社3Gサービスを展開しています。月額料金は異なりますが、true moveの利用時間無制限パッケージは599B〜/月。申し込みは各通信会社のサービスカウンターで行えます。

●テザリング機能を使用
 iPhoneなどのスマートフォンを外部モデムとして、USBケーブルやBluetoothを使い、ノートパソコンやタブレットパソコンに回線を繋げてインターネットを利用します。ただし、日本で販売されているiPhoneやスマートフォンの一部はテザリングができません。
  外出先でインターネットを利用