バンコクスマートページ|バンコクライフを支える生活便利帳サイト
掲載に関するお問合わせは こちらから
JAPANESE TELEPHONE DIRECTORY & LIFESTYLE IN BANGKOK
 
タイの教育事情
タイの教育事情 教育事情

お子さんのいる家庭にとって悩みはやはり子どもの学力。進学については将来を見据え、こまめに情報を収集し、早めに対策をとることが大切です。

バンコクの進学事情
バンコクの進学事情  

 家族でタイに赴任されているご家庭にとってお子さんの教育は切実な問題。小さなお子さんの場合は幼稚園、また小学生・中学生の場合は中学・高校進学を考えておく必要があります。
 かつて、バンコクはアジアの中でも在外子女への教育水準が高くなく、在外教育のエアポケットと言われた時代もあったそうです。アジアでは古くから教育熱心な地として香港が有名で、次いでシンガポールというのが定説でした。
 しかし90年代以降、タイでは日系企業の進出が相次ぎ、在留日本人が増加。そういったこともあり、日本人が経営する日本人向けの塾が増え、急速に在外教育水準が高まってきたのです。

バンコクの学習塾
 多くが日本の進学塾と提携し、同様のカリキュラムを行うなどバンコクでも日本と同じ質の教育を受けることができます。塾にもそれぞれ個性があり、補習を目的として個人指導に重点を置くところ、高校受験に強いところ、またはインターナショナルスクールに通う生徒のための塾などもあり、中には毎年、何人も難関校に合格者を輩出している塾もあります。お子さんの個性や目標に合わせて選ぶことができる環境が整っています。
 こうした現状に伴い、かつては多くの受験生が受験シーズンになると、一時帰国していましたが、近年ではバンコクに残って塾に通うというお子さんが増えています。また、バンコクにいながら受験できる日本の高校が増えてくるなど、受験事情も大きく変化しています。
塾選びのポイント
 バンコクで学ぶ子どもたちは、日本に帰れば帰国生となります。そうしたいわば“特権”を活かした帰国生枠の情報やAO(アドミッション・オフィス)入試対策など、日本同様の指導スタイルでありながら、海外ならではの広い視野での進路指導ができる塾を選ぶことも重要なポイントです。
 子どもの受験には親の協力が不可欠ですが、最終的に進学するのも塾に通うのも子ども自身。将来の目標と、その塾になじめるかどうかをよく見極めて、前向きに勉強に取り組めるような塾を選ぶことが大切です。
 現在、多くの塾では無料体験授業を行っているので、そうした機会をぜひ利用して、お子さんに合った塾を探してみてください。
受験情報
 将来的に日本の学校への進学を考えていても、海外で生活しているために最新の中学・高校受験情報が掴みづらいのが実情です。また、中学・高校ともに帰国生入試は一般入試と異なる部分がいくつかあり、早い段階から準備をする必要があります。
 一般的に帰国生の受験は、情報集めが重要な役割を果たすと言われます。そのため、バンコクでも無料配布されている雑誌「帰国便利帳」や、帰国生を対象とした専門サイトなども有効活用したいところ。また、早い時期から一時帰国した際に志望する学校を訪問するという生徒も多くいるようです。帰国後の子どもの進路については、「帰国生に関する情報源」を参照してください。
帰国生入試情報
 タイに赴任中の家族にとって気になることのひとつが、日本に帰国してからの子どもの教育。どういった学校に、いつ、どのようにして入学・編入するかは、子どもの今後の人生に大きく影響してきます。 詳しくは「12章・帰国準備」を参考にしてください。