バンコクスマートページ|バンコクライフを支える生活便利帳サイト
掲載に関するお問合わせは こちらから
JAPANESE TELEPHONE DIRECTORY & LIFESTYLE IN BANGKOK
 
引越しの準備
引っ越しの準備 引っ越しの準備

海外からの引っ越しとなると、何度か経験している人でも手間と時間がかかるもの。日本で快適な生活を再開するためにも、作業の流れやポイントをしっかり把握しておくことが大切です。

STEP 1  業者へ連絡
 帰国が決まったら、できるだけ早い時期に引っ越し業者へ連絡を入れ、下見日を決めましょう。日本国内の引っ越しとは比べものにならないくらい、さまざまな作業や事務手続きが発生するのが海外からの引っ越し。一般的には、約2ヵ月前から準備をスタートさせれば、ある程度時間的に余裕のある引っ越しが可能とされています。
 スケジューリングにあたっては、日本での荷物の通関は本人が帰国してからになることも忘れずに。船便や航空便などのだいたいの所要日数を把握し、帰国日や日本の住居への入居予定日などをもとに逆算すれば、おのずと全体の大まかなスケジュールも見えてくるでしょう。 
 引っ越し業者の選定にあたっては、当然ながら信頼のおける業者を選ぶことが大前提。会社と契約している業者がない場合は自ら探すことになりますが、すでに経験のある先輩、知人などの情報をぜひ参考にしたいところ。
 また、海外からの引っ越しで発生する煩雑な手間を考えると、タイの業者よりタイに法人がある日本の業者に依頼したほうが、間違いなく安心できるはずです。
STEP 2  荷物を選別する
 下見日までに、何をどういった手段で持ち帰り、処分するかといった荷物の選別をして、部屋ごとにまとめておくと、より正確な見積もりが期待できます。
携帯品として持ち帰るもの
出発直前・直後に必要なものや貴重品がこれにあたります。パスポート、航空券、宝石、貴金属、高価な装身具、証券、預貯金通帳、ノート型PC、代替不可能な大切なものなどです。
航空便で送るもの
帰国直前まで使用するもの、帰国後早くに必要なもの(洋服など)が当てはまります。また、チェックイン時に預けられる「受託航空手荷物」は、制限範囲内なら無料。
船便で送るもの
家具など重量が重く、容量が大きいものや、帰国後すぐには必要ないものになります。2回に分ける場合、1便で全体の約80%を送り、2便には帰国前1ヵ月間に必要なものを残し、帰国の2、3日前に送ります。
譲渡・売却・廃棄するもの
大きすぎる家具など日本の家屋には不向きなもの、仕様の違う電化製品などは、できるだけ早い時期に後任や知人に譲るか、売却しましょう。引っ越し業者のホームページで案内している場合もあります。廃棄は最終手段として考えたいところです。
STEP 3  下見・見積り
 下見の際は、荷物を見てもらうと同時に、今後のスケジュールや会社の規定量と実際量との調整法など、疑問点の相談と打ち合わせをしておきましょう。2社以上から見積もりを取る場合は、下見後に見積りが届いたら、料金の安さだけでなく、サービス面なども考慮して引っ越し業者を最終的に決定しましょう。
STEP 4  荷造りをする
 荷造りや梱包は引っ越し業者にすべて任せることも可能ですが、自分でする場合は以下の手順を参考に行います。
荷造りの手順
1.段ボールを用意する
船便は、段ボール箱をまとめたものを強化段ボール(トライウォールなど)で囲って梱包し、輸送します。サイズの違う段ボール箱を使うと、外枠内に無駄な空間ができることで料金直結の全体容積が増えてしまい、強度も損なわれるため、なるべく同じサイズを業者に注文して揃えます。その際、壊れ物の梱包に必要なエアークッションももらっておくと便利です。 
2.段ボール箱に詰める
種類・目的別など関連するものをなるべくまとめて詰めます。壊れやすいものは必ずひとつずつ十分に包んでから収めましょう。
3.箱に通し番号を記入
段ボール箱に氏名、目的地、壊れ物の場合は“取り扱い注意”の文言を記入して、「1番」からの通し番号を書きます。箱に荷物の種別も書いておくと、開梱の時に便利です。
4.梱包明細書を記入
段ボール箱に通し番号を記入する際、一緒に梱包明細書も記入しましょう。通関と貨物輸送保険を手配する正式書類なため、正確な記入が求められます。通関の際、記入した以外のものや免税範囲を超える荷物が入っていた場合は、課税や申告漏れの罰則の対象になります。
STEP 5  引き取り日当日
荷物や日本で必要になる書類の書き方などを最終確認します。引っ越し業者に荷造りを依頼した場合は、業者の梱包を確認して梱包明細書を記入。保険も業者指定の用紙に記入します。また当日までに購入した新品のレシートコピーを業者へ渡します。(引き取り日以降は各自で保管)。
STEP 6  帰国日当日の手順
 日本へ向かう機内で「携帯品・別送品申告書」が2通配られるので、両方に同じ内容を記入しておきます。日本の空港に到着したら、手荷物検査のところでその2通を提出し、戻ってきた1通と帰国印のあるパスポートのコピーを空港内に設けられた「別送品申告書受付カウンター」に提出します。多くの引っ越し業者は空港内の到着ロビーにカウンターを設置。また、カウンターでは通関手続きなどに必要なもの・書類を預けるとともに、必要書類をもらいます。空港内にカウンターを設けていない業者の場合は、後日郵送での対応になります。
通関に必要なもの・書類
・パスポート(コピー)
 海外でパスポートの再交付を受け た場合は、旧パスポートも必要にな ります。
・携帯品・別送品申告書
・梱包明細書
・購入品のレシート(コピー)
・スーツケースの鍵
 鍵をかけた場合は、内容品チェック のために必要
・その他の書類規制対象のものを輸 入する場合、検査証明書や輸出許 可証など
STEP 7  荷物を受け取る
 通関後、別送品で送った荷物が到着します。荷物が届く前に、大まかな家具の配置を決めておくと搬入時の手間が省けます。ハウスクリーニングも必要に応じて行うといいでしょう。また、当面必要としない荷物がある場合は、専門業者(引っ越し業者が紹介してくれる場合も)のトランクルームを利用するのも一案。荷物を開梱する際は、破損や損傷などがないかをしっかり確認しておきましょう。開梱後、いらなくなった空き箱は、引っ越し業者が後日回収にきてくれることが多いようです。
引っ越し荷物の算出方法

帰国時に引っ越し費用を負担する会社の多くでは、制限を設けていることが一般的。送ることのできる容積、重量などは会社によりまちまちなので、事前に確認しておきましょう。荷物の算出方法は、船便と航空便で異なります。会社で出される費用内で引っ越しをするのであれば、船便は荷物の容積で、航空便は重量で算出されることを踏まえ、実際の容積や重量を会社規定範囲内でおさめる工夫をしたいところです。

・船便
容積には、NET容積とGROSS容積があり、M3(立方メートル)またはCFT(立方フィート)で算出します。

・NET容積
内装梱包容積ともいい、自宅でカートンなどに梱包した大きさのことを指します。

・GROSS容積
外装梱包容積ともいい、引っ越し業者が引き取ったカートン類をひとまとめにして強化段ボールなどに梱 包した大きさのことです。
※1M3(約35CFT)は、事務机1個が目安
※外装梱包は、内装梱包に対して2、3割増しが目安

・航空便
重量には、実重量と容積量があり、kgで算出します

お役立ち情報
住民登録について
日本出国時に住民登録を抹消した方は帰国後居住をはじめてから2週間以内に、市町村役場で住民登録を行う必要があります。

登録に必要なもの
・パスポート
・印鑑
・戸籍謄本1通(本籍地の市区町村役 場で取得)
・戸籍附票(本籍地の市区町村役場で 取得)
戸籍附票は、次の3条件を満たせば、不要になる場合があります。詳細は市町村役場にお問い合わせ下さい。
1.出国時と帰国時で住民登録する 住所が同じ
2.抹消から再登録までの期間が5 年以内
3.抹消から再登録までの間に戸籍 内容に変更がない