バンコクスマートページ|バンコクライフを支える生活便利帳サイト
掲載に関するお問合わせは こちらから
JAPANESE TELEPHONE DIRECTORY & LIFESTYLE IN BANGKOK
 
タイの道路事情
タイの道路事情 道路事情

タイ国内で車を運転する人だけでなく、運転をしない人も日本とは異なるタイ特有の道路事情や交通ルールを知っておくようにしましょう。

タイの交通事情と対策
タイの交通事情と対策   日本とは異なるタイの交通ルール。車は日本と同じ左側通行ですが、車間距離や左方優先といったルールはないに等しいうえ、信号が少ないなど道路の構造も違います。そのためタイで車を運転する際にはしっかりと交通事情を把握する必要があります。
主要道路ではラッシュ時に警官が立ち、交通整理をしているので車はその指示に従います。赤信号でも左折可能の交差点があり、警官がいる時はその指示に従い、いない場合は周りの状況を見て判断。時間帯によって一方通行や右折禁止になるところがあるので注意が必要です。
日本と比較して無理な割り込みをする車が多いタイの幹線道路。事故を未然に防ぐため車線変更、左折、Uターン時はウインカーを出す、目視をしっかりと行うことが重要です。
バンコクは道路面積が狭く、朝夕のラッシュ時は多くの幹線道路で激しい渋滞が発生。特に豪雨の時は冠水する道路もあって、渋滞がより激しくなり、長時間身動きがとれないこともあります。バンコク都内を車で移動する際は、日頃よく通る道路が渋滞する時間帯、雨の際の道路状況を事前に確認しておくのがいいでしょう。また、約束の時間に遅刻しないために十分な時間的余裕を持って移動することが大切です。
歩行者も注意が必要
多くのタイの道路には歩行者用信号がありません。そのためバンコクに来たばかりの方は、なかなか道路を渡れないということも多いかと思います。タイの交通ルールでは大通りで横断歩道を渡ろうとしている歩行者がいた場合は、徐行または一時停止をしなければならないとなっています。しかし、実際は、一時停止をしてくれる車ばかりではありません。また大通りは歩道があることが多いものの道幅は狭く、舗装されていない場所も多くあります。ソイ(小道)となると歩道がないところがほとんどです。そのためバンコクでは歩行者であっても日頃から注意が欠かせません。特に小さなお子さんがいる方が道路を歩く際は気をつける必要があります。もし、事故が発生したときはすぐに警察に通報し、ケガ人がいる場合は救急車を呼ぶなど救護措置を取ります。詳しくは、P296の「交通事故と保険」をご参照ください。
タイ版ETC「Easy Pass」
タイの高速道路の一部料金所には日本のETC(電子料金収受システム)と同じように走行したまま料金の支払いができるシステムが設置されています。
ETCを利用するには「Easy Pass」と呼ばれるカードを購入する必要があります。Easy Passの購入に必要なものは、連絡先電話番号と、個人購入の場合は身分証の写し、法人の場合は商業登記謄本の写し、申込書。申込書はEasy Passを管理するBECLの公式ウェブサイト(www.thaieasypass.com/etcsite)でダウンロードできます。必要書類を、首都第一高速道路、首都第二高速道路、ラムイントラ高速道路などのカスタマーサービスセンターに持参し、手続きをします。現在Easy Passに対応しているETCはバンコクの一部料金所に限りますが、時間短縮や経費削減などメリットがあるので頻繁に高速道路を利用する方におすすめです。
渋滞回避に役立つサイト「Traffy」
バンコクの主要幹線道路に設置されたCCTVによるリアルタイムの交通状況が確認できるサイト「Traffy(hermes.traffy.in.th)」。基本はタイ語ですが、道路の名前は英語で表示されているので有効活用できるはずです。
タイの駐車場の常識
タイの駐車場ではサイドブレーキを引かずに駐車する必要があります。タイでは駐車する際、車間距離がとても近く、先に駐車した車がそのままの状態では出られません。そういったときに駐車してある車を手で押して移動させスペースをつくる必要があるため、停めるときにギアをニュートラルにしておくのがルールとなっています。