バンコクスマートページ|バンコクライフを支える生活便利帳サイト
掲載に関するお問合わせは こちらから
JAPANESE TELEPHONE DIRECTORY & LIFESTYLE IN BANGKOK
 
交通機関
交通機関

バンコク都内には高架鉄道や地下鉄にバス、タクシー、トゥクトゥク、ボートなど、さまざまな交通手段があります。ここではバンコクの交通機関について紹介します。

バンコクの交通
スワンナプーム国際空港からバンコクまではエアポート・レール・リンク(高速鉄道)が結ばれ、バンコク中心部ではBTS(高架鉄道)とMRT(地下鉄)が各主要エリアへのアクセスを便利にしています。これらの鉄道は、交通渋滞が発生しているときでも快適に移動できる手段としてバンコク在住者や観光客にもよく利用されています。
 鉄道機関以外にも、路線バスやタクシー、トゥクトゥクなどがバンコク中を網羅しており、チャオプラヤー川には水上バスのほか、岸から岸を行き来している渡し舟もあります。
 また、大通りからソイ(小道)の奥に行くには、オートバイタクシー(モーターサイ)や小型トラックの荷台を座席に改造した乗り物(シーロー)などが待機しています。少し離れた場所に移動する場合でもこうした乗り物が街中の至る所を走っているので、うまく利用すれば、目的地まで簡単に行くことができます。
バンコクで電車に乗る際の注意点
タイの交通事情と対策   BTS、MRTともに駅構内にトイレはなく、飲食物の持ち込みが禁止されています。またMRTには写真のような注意書きがあります。日本も同じですが、マナーとしてお年寄りや子ども、妊娠中の女性には席を譲ります。日本とひとつ違うのが右上のイラストが示すように、タイではお坊さんが乗車すると、一番端の席を譲るというルールがあることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

トゥクトゥク
バンコクを代表する個性的な乗り物、トゥクトゥク。定員は3名ですが、運転手が許可した場合、何人も乗れてしまうことも。ただし、3輪のためスピードを出しすぎると不安定になるので注意が必要。料金は乗車前に運転手と交渉して決めますが、外国人には高値を提示してくる場合があるので気をつけましょう。料金は50B程度から。目的地に着いてから支払います。
 
シーロー

軽トラックを改造して荷台にシートを取り付けたタイプの車はシーローと呼ばれています。フジスーパーなど日本人の利用が多い場所には何台ものシーローが待機していて、住んでいる場所を告げるとそこまで行ってくれます。買い物をして荷物が多くなってしまったときなどに重宝します。料金は距離にもよりますが、近場なら30〜50B程度です。

 
ソンテウ

小型や中型ピックアップトラックを改造し、荷台にベンチを付けた乗り合い自動車がソンテウ。バスの走行していないエリアや郊外の住宅地を走行し、パタヤなどの観光地でもよく見かけます。決められたルートを往復するタイプとタクシーのように目的地まで向かうタイプがあります。料金は運転手と交渉して決めますが、20〜40Bほど。

チャオプラヤー・エクスプレス

都内を流れるチャオプラヤー川を、南はクルンテープ橋から北はノンタブリまで約10kmの区間を往復するチャオプラヤー・エクスプレス。陸上の渋滞を避けられるので都民の重要な足となっています。朝夕の混み合う時間帯は運航本数が増えます。時間は6:00〜19:00で、約20分間隔で運航。料金は12〜30B程度です。

 

 
ロングテールボート

ロングテールボートは都内を東西に運航していて、航路の決まった乗合船と、目的地を自由に決められる水上タクシーの2種類があります。渋滞に左右されないのが特徴ですが、どちらも小型船にエンジンを付けただけの船で、水しぶきを浴びてしまうこともあるので注意が必要です。料金は乗合船が10〜15Bで、水上タクシーは1時間500B〜です。

 
ロットゥー

地方へ行く乗り合いの1ボックスカー。10人ほどが乗ることができ、20分~2時間間隔で運行しています。バンコク都内数ヵ所に乗り場がありますが、多方面をカバーしているのが戦勝記念塔周辺です。観光客に人気のパタヤ、アユタヤ、ホアヒン、カンチャナブリ、ラヨーン行きなどがあります。距離によりますが、100B程度からで先払い制になっています。