バンコクスマートページ|バンコクライフを支える生活便利帳サイト
掲載に関するお問合わせは こちらから
JAPANESE TELEPHONE DIRECTORY & LIFESTYLE IN BANGKOK
 
ビザ
ビザ ビザ

外国で生活する上で必要不可欠なビザ(査証)。ビザにはいろいろな種類があり、滞在する目的に合わせたビザを取得する必要があります。

タイへの入国
 日本から滞在30日未満での観光目的でタイへ入国する場合、日本のパスポートを持つ人はビザの取得が必要なく30日まで滞在できます。滞在日数が30日を過ぎる場合はその目的にあったビザを取得する必要があります。
タイのビザの種類には、観光ビザ(Tourist VISA)、留学ビザ(Non-Immigrant VISA-ED)、就労ビザ(Non-Immigrant VISA-B)、ロングステイビザ(Non-Immigrant VISA-O-A)などがあります。
ビザの取得

 ビザは来タイ前に日本のタイ大使館および領事館で取得できます(申請者が書類をすべて揃えていても、タイ大使館よりビザが発給されない場合もあります)。または、ビザを取得せず入国した場合、タイより出国し、ラオス、カンボジアなど近隣国のタイ大使館でビザの申請をすることができます(ビザの種類によっては国内で取得できるものもあります)。なお、バンコクから行く日本人向けのビザ取得ツアーを行っている旅行会社もあります。

・観光ビザ
 観光目的でタイに30日以上滞在予定の人が取得するビザです。60日滞在でき、さらにタイ国内で30日の延長をすることができます。観光ビザにはシングルエントリー(90日滞在)、ダブルエントリー(180日滞在)、トリプルエントリー(270日滞在)の3種類があります(ダブルエントリーとトリプルエントリーは90日ごとに一度タイ国外に出国する必要があります)。

・留学ビザ
 留学目的で90日の滞在が可能ですが、90日以上留学する人は、タイ国内で延長ができます。ビザ申請には学校側で用意する入学許可証の提出も必要です。

・就労ビザ
 タイ国内での労働が目的で90日の滞在が可能です。90日以上労働する人はタイ国内で延長ができます。タイでの労働にはこのビザのほか、労働許可書(ワーク・パーミット)が必要です。

・ロングステイビザ
50歳以上で労働を目的としない長期(1年)滞在者向けのビザ。取得には預金残高証明書(残高が80万B以上)、または年金等の証明書(年金による月収が6万5000Bまたは年収が80万B以上であることを確認できる年金証書のコピー)など、公証役場にて認証を受けた英文書類を提出する必要があります。

 そのほか、就労者家族ビザ、タイ家族ビザ(タイ国籍者の配偶者やその子ども)、年金ビザ(60歳以上の年金受給者)などもあります。

就労ビザの取得方法
 就労ビザを取得する方法はタイ国外にあるタイ大使館にて申請する方法とタイ国内の入国管理局などにて他のビザから切り替える方法があります。
タイ国外において就労ビザを取得する場合、当該大使館によって用意する書類が異なります。タイ国内でのビザ切り替えおよび労働許可証の取得について代理業を行っている業者もあります。
就労ビザを取得するに当たっては下記の書類などを用意する必要があります。
①パスポート
②ビザ申請書1枚
③顔写真2枚(カラー、3.5×4.5cm)
④航空券もしくは予約の確認書
⑤英文経歴書1部
⑥タイの会社からの英文招聘状
⑦タイ側会社登記簿コピー
⑧日本の会社からの英文推薦状
労働許可書とは
 タイでは就労ビザだけでは働くことができません。外国人が働くには就労ビザと労働許可証が必要となります。労働許可証は就労ビザとは別に所轄の労働局にて申請します。就労ビザで入国した人は1ヵ月以内に労働局で労働許可申請を行わなければなりません。
労働許可証の申請は個人ではできず、必ず受け入れ先となる企業がなければ申請ができません。したがってタイで働きたい人はまず就職先の企業を見つけ、その企業の指示にしたがって労働許可の取得手続きを行って下さい。また、企業側にも労働許可の申請ができる下記のような条件を課せられています。
①法人に所属していること(株式会  社、有限会社、駐在員事務所、公益 法人など)
②所属している法人の資本金が日本 人の在籍数×200万B以上である こと
③VAT事業者登録をしていること
④資本金払い込みが100%されてい ること
90日レポート
 連続して90日以上滞在する場合、90日おき(前後一週間)に、入国管理局にて居住地を届け出る必要があります。これを怠ると、最高で4,000Bの罰金を科せられます。また、出国時にこれをしていないことを指摘され、罰金額を所持していなかったために出国を拒否されることもあります。この届け出は必ず本人が入国管理局に出向き、行わなければならないという決まりはなく、企業によっては代理で行っている場合もあります。
リエントリーパーミット
 滞在ビザは、一度タイを出国するとその時点で失効してしまいます。取得済みの滞在許可を留保してタイ国を出国するためには、予めリエントリーパーミットを取得しておく必要があります。リエントリーパーミットには有効期間内で出入国が1回だけ可能なものと何回でも可能なもの(マルチプルリエントリー)の2種類があります。
また、スワンナプーム国際空港でのリエントリーパーミット取得も可能です。
ビザツアー
 タイに長期滞在する日本人はビザを取得する必要があります。そのビザを取得するために近隣諸国(主にラオスとカンボジア)へ入国し、タイ大使館で申請を行うことができます。そのビザを取得するために旅行会社がツアーを組んで行っているのがビザツアーです。ツアーを利用することで書類なども用意してもらえ、難しいビザ申請もスムーズで、言葉の心配もいりません。ツアーは陸路か空路、列車で行くプランなどもあります。
日本のタイ王国大使館・総領事館
タイ王国大使館
東京都千代田区九段南2-2-1(臨時移転事務所)
TEL:03-3222-4121
ビザについて(内線:263、266)
FAX:03-3222-4122
www.thaiembassy.jp
タイ王国大阪総領事館
大阪市中央区久太郎町1-9-16
バンコック銀行ビル4階
TEL:06-6262-9226~7
FAX:06-6262-9228  
www.thaiconsulate.jp
入国管理局(イミグレーション)
 タイ入国管理局はバンコク北郊チェーンワタナ・ソイ7のタイ政府総合庁舎Bビルにあります。ビザ・外国人住居登録関係の部署はこのビルの2階で、ビザに関係する事項(タイにおける滞在許可の更新・延長等手続等。日本大使館でパスポートや渡航書を新規発行・紛失再交付等した場合の、入国スタンプや滞在許可の転記作業も含まれます)、外国人住居登録関係(住所変更届けや90日レポートと呼ばれる90日ごとの現住所届け出)などを取り扱っています。
行き方は、バンコク中心部からウィパワディランシット通りを北上し、ラクシー交差点を左折したところがチェーンワタナ通りになります。チェーンワタナ通りを1キロほど進んだところで左手のチェーンワタナ・ソイ7に入ります。Bビルはソイ7に入って向かって右側。ソイ7入口に標識はなく、CATテレコム社のビルが目印になります。
日本のタイ王国大使館・総領事館
タイ入国管理局 政府総合庁舎Bビル
B Building , Floor 2 (South Zone)
Chaengwattana Soi 7 , Laksi
TEL:0-2141-9889
タイ入国管理局
507 Soi Suan Plu Sathorn Tai Rd.
TEL:0-2287-3101
immigration.go.th