バンコクスマートページ|バンコクライフを支える生活便利帳サイト
掲載に関するお問合わせは こちらから
JAPANESE TELEPHONE DIRECTORY & LIFESTYLE IN BANGKOK
 
死亡に関する手続き
死亡に関する手続き 死亡に関する手続き

病気やトラブルで突然、身近な人が亡くなることもあります。遺体の運搬や火葬の方法など知っておくと助かる手続きを紹介します。どんな状況でも対応できるよう日頃から意識しておきましょう。

お金、遺族の理解が重要
タイで死亡した場合、何よりも重要なのは「お金の問題」と「遺族の理解」の2点になります。
タイで火葬するにせよ、遺体を日本に搬送するにせよ、お金がかかるのは当然。火葬にかかる平均費用は2,000バーツで、葬式にかかる費用は、最低2万バーツほどで行うことができます。遺体の搬送でまず確認すべきは、費用を誰が負担するか、ということ。海外旅行保険なのか、勤務先なのか、自費なのか、を調べておきましょう。
駐在で家族と一緒にバンコクに住んでいるのであれば、スムーズに手配を行うことができますが、現地採用などで遺族が日本に住んでいる場合は、勤務先や知人などから連絡されることとなります。また、旅行者で身分証明書を持っていないときや在留届を未提出、日本の遺族が引き取りの拒否および家族だと認知しない場合は、病院や日本大使館に迷惑をかけることになりますので、普段から親族や緊急連絡先とコミュニケーションをとり、パスポートのコピーなどを携帯しておくことが大切です。
病院内で死亡した場合
 

病院側は遺族や勤務先に連絡し、病理解剖を希望するのかを確認します。その後、病院のスタッフが死亡確認後24時間以内に区役所に「死亡登録証明書(タイ語はモラナバット)」の申請を行います。この死亡登録証明書がないと遺体を移動させたり、日本への搬送も火葬することもできません。
 死亡登録証明書申請時に必要な書類は、病院発行の死亡証明書または解剖医による解剖所見、パスポート。遺体を日本に搬送するか(葬儀会社へ依頼など)、タイで火葬する場合は寺院名も記載しないといけません。
 死亡登録証明書の原本は、再発行ができませんので保管には十分注意してください。
 遺体はタイ国法令に基づき、医師による死亡診断、もしくは警察の検死官による検死を行い、必要があれば大学病院での病理解剖、警察病院での司法解剖が行われます。死亡登録証明書には、死亡日の他にその時分まで漏れなく記入してもらうよう、発行に際して確認してください。時分の特定がないと、相続の際に問題が生じる場合があります。
 死亡登録証明書ができたら、必ず在タイ日本大使館へ連絡しなければなりません。大使館では死亡登録証明書を和訳し、遺骨を日本へ持ちかえるための遺骨証明書なども発行してくれます。その後、遺体に防腐処理(ホルマリン注入など)を希望するかを確認され、病院で処置が行われます。



死亡登録証明書とは
行政上、大きなウエイトを占めるタイの死亡登録証明書。原本は再発行不可なので大切に保管しましょう。記載する遺体の処置方法は遺族が決めることとなります。

在タイ日本国大使館への報告
病院のサポートのもと、在タイ日本国大使館(以下大使館)へ遺族の連絡先を伝えます。区役所から死亡登録証明書の発行を受けたら、FAXで報告します。その後、死亡登録証明書の和訳文(手数料:無料)を大使館で作成してもらうことが可能となります。

死亡に関する手続き  
病院外で死亡した場合

 病院外で亡くなった場合は、いかなる場合も警察署への通報が必要です。タイの法律により、病院外で亡くなった場合、すべての遺体を警察病院か国立病院で司法解剖に出さなければなりません。事故死、アパートでの孤独死の場合も解剖が行われます。その後の流れは以下の通りです。

①医師は死亡確認後、警察への通報を遺族、あるいは関係者に指示します。

②病院以外での死亡確認ではタイの法律により警察の取り調べの後、警察病院・バンコクの場合はチュラロンコーン大学病院などの司法解剖機関に連絡されます。

③解剖終了後検査機関から発行される司法解剖証明書を区役所に提出し、死亡登録証明書を取得します。

④防腐処理、死に化粧などは病院または遺族が指定する葬儀屋で行われます。

⑤日本の法律ではいかなる理由でも死亡が確認されたら死亡届を日本へ提出し戸籍から除籍しなければなりません。外国で死亡した場合、届出義務者がその事実を知ってから3ヵ月以内に日本の市町村役場へ死亡届を提出する義務があります。

タイで火葬するなら

 タイ国内で火葬するために必要な死亡届は大使館に用意されており、日本語で記入することができます。

日本で火葬する場合は日本の役場へ提出
 遺族が帰国後すぐに火葬手続きをする場合、市町村役場からの事前の埋葬許可を取得しないといけません。この許可を取得するためには死亡事実が戸籍に記載されていることが必要なため、外務省や法務省を経由せず、死亡者の本籍地の役所に死亡届の提出が必要です。
 市町村役場にある死亡届出に必要事項を記入し、タイの死亡登録証明書の写し(原本を渡さないこと)と和訳文と死亡者のパスポートのコピーを提出すれば死亡届を受け付けてもらえます。数日の確認後、戸籍に記載され埋葬許可されます。

遺体を日本へ搬送する場合
 手順としては、警察→病院→大使館→医療アシスタント→タイ国内の葬儀社→遺体搬送の航空貨物業者→航空会社→日本の空港霊柩専門業者という流れになります。ちなみに医療アシスタントとは、一連の管理、保険会社とのコンタクトおよびコーディネートなど煩雑な業務を請け負ってくれる業者のことです。
 海外旅行保険に加入している場合、この医療アシスタントが手続きの代行をしてくれるため、問題なく日本まで搬送することができます。遺体の腐敗状態によりますが、海外旅行保険の防腐処理の上限は100万円ほどとされています。また、搬送費用については、各保険会社により限度が設けられている場合があるため、確認が必要です。
 タイから日本の指定する場所まで搬送する場合の費用は遺体処理費用込みで100万円から120万円が目安となります(遺族の往復費用や滞在費は含まれません)。

葬式に参列

 タイの葬式は1日ではなく、通常3~5日と長く、その予算によっても変わってきます。長い場合は7日といったこともあります。
 参列する際の服装は、日本のように上下黒のスーツがベストですが、実際そこまで厳しいルールはありません。男性であれば黒のパンツに白のワイシャツ+黒のネクタイでも可。学生であれば学生服で大丈夫です。女性であれば当然、露出を控えた服装で臨みましょう。
 喪花は何名で連盟しても可能で、花屋で制作、葬儀場へ運んでもらえます。値段は500バーツ前後から3,000バーツ以上の豪華なものも見かけます。香典は500バーツ程度でも問題ありません。故人との付き合いの深さによってご自身で決めるべきでしょう。
 葬儀中のルールについては、他人の行動を真似るのが無難。ただ、式場に入る前に遺族に対してお悔やみを言い、香典を渡すというのは日本と同じ。その後、順番に祭壇に向かって3度合掌して拝み、棺に近づき線香を立てる、という一連の流れがあります。

バンコクにある医療アシスタント

遺体の防腐剤処理や特殊パッキング空輸用のお棺など、外国へ搬送する技術に優れている専門業者。航空事故や災害者、事故現場を何度も経験し、その仕事ぶりから在タイ日本国大使館や欧米の在タイ大使館などからも表彰を受けるなどその仕事ぶりが評価されています。


International SOS Service (Thailand)Ltd.
TEL: 02-205-7866 Ext3625

Emergency Assistance Thailand co.,ltd.
TEL: 02-665-7280